キャストコメント動画公開!

舞台「妖怪アパートの幽雅な日常」

舞台「妖怪アパートの幽雅な日常」

シリーズ累計580万部を発行。
第51回産経児童出版文化賞フジテレビ賞を受賞した
大ヒット児童文学のコミカライズを原作に待望の舞台化!
孤独を抱える青年の心の成長を描いた青春ストーリー!

CAST

キャストの前山剛久さん、小松準弥さん、佐伯亮さんからコメントが届きました!

キャストの前山剛久さん、小松準弥さん、佐伯亮さんからコメントが届きました!

前山剛久
前山剛久

 前山剛久 [Maeyama Takahisa] 
 稲葉夕士 役 

「妖怪アパートの幽雅な日常」舞台版に稲葉夕士役での出演が決定しました前山剛久と申します。この作品に参加できることが本当に嬉しいです。小説、マンガ、アニメ。コンテンツを重ねて、みなさんの期待はとても膨らんでいると思います。だからこそ、気持ちでお芝居を作っていくことに重点をおいて、観る方の心に何か残せる作品に仕上げることを目指します。みなさん、お楽しみに。

1991年生まれ。大阪府出身。ミュージカル「忍たま乱太郎 第2弾~予算会議でモメてます!~」で舞台デビュー、「仮面ライダーウィザード」(テレビ朝日系)への出演で注目を集める。近年、TVドラマ×舞台『御茶ノ水ロック』、『刀剣乱舞』の新作舞台、『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』シリーズ、来年には『機動戦士ガンダム00 -破壊による再生-』を控えるなど。人気の舞台作品に次々に出演し続けている。主な出演作に映画『一礼して、キス』(17)、舞台『金色のコルダBlue♪Sky』(16)、『お気に召すまま』(16)、『K』シリーズなど。

小松準弥
小松準弥

 小松準弥 [Komatsu Junya] 
 長谷泉貴 役 

様々なメディア展開を経て、長らく愛されてきた作品に携わらせていただけてとても光栄ですし、新たな世界に出会えることが今から本当に楽しみです。深く共演経験があり気心の知れた前山さん、佐伯くんとの絆を武器にカンパニーを盛り立て、原作ファンの皆さんが愛するファンタジー要素が散りばめられたこの作品によりリアリティを添えられるよう、全身全霊生身でぶつかっていきたいと思います。

1993年生まれ。宮城県出身。 2013年「FINEBOYS」専属モデルオーディショングランプリ、15年には「TOHOKU DREAM AUDITION 2015」 でグランプリを獲得。蜷川幸雄演出の『ロミオとジュリエット』エイブラハム役で舞台デビューを飾る。16年から参加した『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』シリーズでは蓮巳敬人役で出演。また、「ツキクラ」のメンバーに選ばれてCDデビューを果たしたのち、「劇団アルタイル」の渋谷ヨウスケ役で声優としても活躍。 主な出演作に舞台『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』シリーズ、『「ポセイドンの牙」Version蛤』(17)、『アラタ~ALATA~』(17)、『新・幕末純情伝 FAKE NEWS』(18)など。

佐伯亮
佐伯亮

 佐伯亮 [Saeki Ryo] 
 龍さん 役 

児童文学からコミック化、アニメ化、そして舞台化と、長い歴史があるこの作品に関わることが出来てとても光栄です。龍さんは優美で気迫があってさらに内から醸し出ている圧倒的な存在感もあり、僕が今まで演じたことのない役柄ですが、キャストの皆と心からぶつかり合い、芝居に誠心誠意向き合っていきます。よろしくお願いします!!

1995年生まれ。広島県出身。2010年「nicola」のモデルとしてデビューし、11年の土曜ワイド劇場「法医学教室の事件ファイル32」(EX)で俳優活動を開始。映画、CM、ドラマなどでの映像作品に数多く俳優として出演する傍ら、レポーターに挑戦するなど活動は多岐にわたる。舞台作品では『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』シリーズなどで人気を広げ、さらなる躍進を遂げている。主な出演作は、映画『パズル』(14)、『レインツリーの国』(15)、『honey』(18)、舞台『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』シリーズ(16~)『Fate/Grand Order THE STAGE』(17)、『白痴』(18)など。

AND MORE...

CREATOR

 谷碧仁 [Tani Aoto] 
 上演台本 

普段現代劇を中心に描いておりまして、『妖怪アパートの幽雅な日常』を最初に読ませていただいた時、「これは現代劇だ!」と興奮した所から始まりました。喋る鳥がいたり、麻雀が大好きな鬼がいたり、姿形が何にも属さない者まで次々に現れるのですが、それらはリアリティを放ち続けております。そして何よりも主人公、夕士の心情変化のリアリティには驚きを隠せませんでした。夕士や周りの人々、さらには不思議な者達のリアリティに、僕自身の人生の捉え方、僕であればこの言葉をこう感じる、といった感覚を追加しながら、ありとあらゆるリアリティが存在する脚本ができたと思っています。

2013年に劇団時間制作を立ち上げ。作品の全ての作、演出を手掛ける。主に人の生きた時間を描き、代表作は「SEX」や「うるさくて、うるさくて、耳を塞いでもやはりうるさくて」や「普通」がある。「普通」ではコリッチランキング週間、月間で1位を取り、ランキングを独占。「圧倒的な現代劇」を売りに活動中。

 元吉庸泰 [Motoyoshi Tsuneyasu] 
   

優れた作品は”孤独”について描かれている、とある高名な演出家の言葉があります。原作を拝読した時、夕士の等身大の孤独と、彼がほんの少しだけよりよく在りたいという思いが丁寧に描かれていることを感じました。そして、それを彩り、受け入れ支える多様な妖怪アパートの仲間たちの”日常”に心が潤いました。この舞台がそんな夕士と仲間達の様に少しでもよりよく在りますよう、そして少しでも多くの色彩で彩れますよう、作品を抱きしめていきたいです。観る楽しみと感じる琴線を最大限に張り巡らせます。楽しみにして頂ければと思います。

劇団「エムキチビート」主宰。自身の劇団の全公演の脚本、演出をしつつ、商業公演の演出も手掛ける。 演出の幅はバーでの公演からミュージカルまで多岐にわたる。その場に立つ俳優の実感を、空間演出により最大限に引き出す手法に定評がある。近年の演出作は、「芥川龍之介 地獄変」(15)、「終わりのセラフ」The Musical(16)、ミュージカル「魔界王子 devils and realist」(16)、「ハッシャ・バイ」(16)、「境界線上の物語」(17)、「ぼくの友達」(18)ほか。

INFORMATION

2019年1月11日(金)~1月27日(日)

1月 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27
月祝
13:00
14:00
17:30
18:30
1月 13:00 14:00 17:30 18:30
11
12
13
14 月祝
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27

紀伊國屋サザンシアター
TAKASHIMAYA

2018年11月25日(日)一般発売!
7,800円(全席指定・税込)

◎PARCO STAGE スマホアプリ「パルステ!」
◎チケットぴあ お申込みページへ⇒
【11/25特電】0570-02-9510
・【11/26以降】0570-02-9999(Pコード:490-431)
・セブン-イレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあ店舗
◎ローソンチケット お申込みページへ⇒
【11/25特電】0570-08-4655
・【11/26以降】0570-08-4003(Lコード:32057)
・【11/26以降】0570-00-0407(オペレーター対応 10:00~20:00)
・ローソン、ミニストップ店内Loppi
◎イープラス お申込みページへ⇒
・【11/26以降】ファミリーマート店内Famiポート
◎キノチケオンライン キノチケオンライン⇒
◎キノチケットカウンター ・店頭販売 10:00~18:30/新宿駅東口・紀伊國屋書店新宿本店5F

公演事務局 0570-200-114
(全日10:00~18:00)

ページトップへ